ユニクロは、デザインの革新、品質、手頃な価格、ファッショナブルなアパレル製品、そして本物の店内顧客体験を競う、成功を収めている日本のファストファッション小売ブランドです。 Uniqloの背後にあるビジネス、ブランド、小売戦略と2030年に向けた野心的なグローバル展開

ブランドは見ました: Uniqlo Theory Impressive Pants

 Uniqlo -グローバルな日本のファストファッション小売ブランドの背後にある戦略-MartinRoll

10年前に日本国外の人にユニクロのブランドを紹介すると、混乱してしまいます。今日、ユニクロを世界中の市民に紹介すると、品質、手頃な価格、ファッショナブルな関係がすぐに思い浮かびます。

これが、近年のユニクロの成功の秘訣です。それは、世界のファストファッション小売市場におけるさらに別の競争相手になっています。 ZARA(Inditex) 、H& M、Gap、 Forever21 でも、ユニクロは驚異的なペースで成長を続けています。どうやってこの競争の激しいファストファッション小売市場のシェアをこれほど早く獲得できたのでしょうか?

ユニクロのブランドの成功要因には、革新への揺るぎないコミットメントと企業文化が含まれます。日本の創業者である柳井正は、「魂がなければ会社は何もない」という言葉で有名です。この精神は、柳井正がユニクロの社員一人ひとりに浸透させてきた23の経営理念に反映されています。これらの原則の本質には、顧客を第一に考え、社会に還元し、自己破壊的であることが含まれます。

ユニクロブランドストーリー

1972年、柳井正は山口県宇部市にある父親の22の男性用仕立て店チェーンである小郡上郷を継承しました。 1984年に社長に就任して間もなく、広島に新店舗「ユニーク衣料品倉庫」をオープンし、後にユニクロに短縮されました。彼の昇進は、会社の急速な拡大のきっかけとして十分に文書化されています。ベネトンやギャップなどの大規模なカジュアルアパレルチェーンを発見したヨーロッパやアメリカへの旅行に触発された柳井正は、日本のカジュアルウェア市場に大きな可能性を見出し、家族のビジネス戦略をスーツからカジュアルウェアへと進化させ、ファッショングッズを購入するという目標を設定しました。低コストで大量に。柳井正はまた、多くの外国のファッションチェーンが垂直統合されており、デザインから生産、小売までのビジネスプロセス全体を管理していることを発見しました。 1998年までに、彼は全国に300を超えるユニクロの店舗を開くことに成功しました。

しかし、直面した主な課題の1つは、ブランドに対する消費者の認識でした。それは、安価で低品質のアパレルを郊外に販売するディスカウントストアであると認識されていました。この認識は、ブランドが2004年にグローバル品質宣言を発表したときに完全に変わりました。これは、低価格で低品質の衣服の製造を停止するという誓約です。それ以来、人々はユニクロの高品質なフリースジャケットに注目し始めました。ブランドの認識は、安価で低品質なものから、手頃な価格で高品質なものへと瞬時に移行しました。

現在、ユニクロはファーストリテイリングの完全子会社であり、高品質の自社ブランドのカジュアルウェアを低価格で提供していることで知られています。 2019年9月の時点で、このブランドはわずか22年間で、アジア、ヨーロッパ、米国の25か国で2,250を超える店舗に成長しました。これはアジア最大のアパレルチェーンであり、日本だけでも800を超える小売店があります。

ファーストリテイリングの時価総額は492億米ドルを超え、世界中で56,000人以上を雇用しています。 2020年までの1年間のファーストリテイリングの売上高は220億ドル、利益は25億ドルでした。同社の国内市場である日本は総収益の38%を占め、日本人の4人に1人がユニクロのダウンジャケットを所有していると言われています。ファーストリテイリングは過去5年間で信じられないほどの速度で成長しており、その自信は2021年度の9.5%の成長という収益予測に反映されています。

グローバル経営誌フォーブスによると、ユニクロのブランド価値は92億米ドルで、世界で最も価値のあるブランドのリストで84位です。その多くは、創業者の革新戦略と非常に顧客中心の文化に基づいています。

ユニクロは、主に米国、中国、オンラインでの事業拡大を基盤として、世界最大の衣料品量販店を目指しています。 2019年の収益は243億米ドルにのぼる、世界的なファッション大手のH&Mの市場シェアにゆっくりと追いついてきています。ユニクロがこの野心的な目標を達成すると、インディテックス( Zara の親会社)をグローバルアパレルのリーダーとしての地位を奪います。

ユニクロブランド戦略

ユニクロのブランドメッセージは、「ユニクロは、世界にカジュアルな服装をするように促す現代の日本の企業です」という明確なビジョンをカプセル化したものです。ユニクロでこれまで取り組んできた企業戦略は、他の競合他社のようにファストファッションのトレンドを追いかけるのではなく、「ファッションを完全に無視する」ことです。ブランド哲学「MadeforAll」は、年齢、性別、民族性、および人々を定義する他のすべての方法を超越するためにその服を位置付けています。 「ユニクロ」という名前とは裏腹に、シンプルでエッセンシャルでありながら普遍的な服であり、着用者は個性的なスタイルに溶け込むことができます。

このデザイン主導の衣料品ブランドは、社内の生地とデザインの革新により、独自の機能的パフォーマンスを提供します。同社は、HeatTech、LifeWear、AIRismなどの名前で独自のイノベーションをブランド化することで、価格重視の競合他社との差別化を図っています。ユニクロは、店舗を完璧に管理し、前向きな従業員文化を浸透させ、商品の属性を説明するビデオチュートリアルなどの店舗内テクノロジーを通じて、最高の物理的なショッピング体験を提供します。

ユニクロのブランド成功要因には、次のようなものがあります。

明確なブランドの約束をサポートする配信システム:ブランドの最大の課題の2つは、明確なブランドの約束を定義し、カスタマーエクスペリエンスのすべてのタッチポイントでブランドの約束を一貫して効果的に提供することです。旅。成功するブランドとは、ブランドの約束を実現するための戦略の実装を容易にする、支援的な組織および運用構造を作成するブランドです。一方で、ユニクロは確かに、高品質でパフォーマンスが向上した、ユニバーサルでベーシックなカジュアルウェアを手頃な価格で提供するという明確なブランドの約束をうまく定義することができました。一方で、このブランドの約束を実現するための強力な配信システムも作成しました。

同社の製品計画、設計、製造、流通機能はすべて社内にあります。つまり、顧客が店舗で購入しているものに基づいて顧客のニーズに近づき、過剰生産や過剰生産のコストを節約できます。不要なオーバーヘッド。在庫は、数週間以内にアップグレードすることも、数日以内に補充することもできます。ユニクロは、限られた範囲の生地のコア製品に焦点を当てることで、生地の購入を大量の注文に統合し、サプライヤーとの交渉力を高め、顧客の価格を安くし、ブランドの約束を果たします。

製品開発アプローチと効率的なサプライチェーン:柳井正は「ユニクロはファッション企業ではなく、テクノロジー企業です」と言うのが好きです。実際、アパレルを作るためのブランドのアプローチは、ファストファッション小売業界の周期的でトレンド主導のリズムよりも、テクノロジー業界が採用している製品開発への反復的なアプローチと共通しています。競合他社のザラは、急速に変化するファッショントレンドに迅速に対応し、約2週間で商品を工場から店舗に届けることで世界最大のアパレルビジネスを構築しましたが、ユニクロは正反対のアプローチを取り、ワードローブの必需品の生産を最大1年で計画しています。あらかじめ。世界の滑走路にインスパイアされた多種多様な流行のファッションを販売している競合他社とは異なり、ユニクロはいくつかのスタイルの都市の実用的な基本を生み出すことに焦点を当てています。

同社はまた、非常に堅牢なサプライチェーンを運営しています。マーチャンダイザーは、季節ごとにマーケティング部門が詳細なマーケティング戦略を策定することで、事前に需要に合わせてスタイルごとに生産を調整することができます。すべての主要な製品作成チームとのコンセプトミーティングは、製品が発売される約1年前に開催されます。衣服の生産が開始されると、約400人の熟練したスタッフが生産センターを訪れ、品質を確保し、未解決の問題を解決します。

ユニクロのグローバル生産センターは、上海、ホーチミン市、ダッカ、ジャカルタ、イスタンブールにあります。

顧客の懸念は、製品チームとマーケティングチームが戦略と実行に関して緊密に連携するため、製品チームを最終消費者の考えにつなげておく生産部門によっても対処されます。

企業文化と先見の明のあるリーダーシップ: 2019年、柳井正は第1位にランクされました。ハーバードビジネスレビューによる世界で最も業績の良いCEOのリストの54。 2000年以来、彼は700%の株主還元を提供し、ユニクロの時価総額は390億米ドル増加しました。彼は、チームワークと顧客体験に焦点を当てた強力な企業文化を生み出したことにより、過去36年間のユニクロの大成功と爆発的な成長で広く認められています。

ユニクロのチームワークへの注力は、従業員が提案を提供することを大いに奨励されているフラットな組織構造を通じて示されています。会社の価値観と目標は、世界中の従業員が強く示しているプロセスと対策に直接変換されます。会社の財務は、従業員と売上に対して完全に透過的であり、毎日グラフ化および転記されます。このブランドはまた、小売店での体験を非常に重視し、すべての顧客のタッチポイントを細かく管理しています。

新入社員はそれぞれ、世界の業界平均をはるかに上回る3か月間トレーニングされているため、スタッフのトレーニングは会社にとって非常に優先されます。アパレルの折り畳み技術から、小売店のスタッフが両手と完全なアイコンタクトで顧客にクレジットカードを返却する方法まで、従業員が行ったすべての活動が記録および分析されます。従業員はまた、「探していたものはすべて見つかりましたか?」を含む6つの標準的なフレーズを使用して買い物客と対話するように教えられています。そして、すべてのお客様を「ユニクロへようこそ!」でお迎えします。

2000年、同社は東京にユニクロ大学を建設し、毎年1,500人の新しい店長がトレーニングを受けています。

ユニクロがカスタマーエクスペリエンスに重点を置いていることを示す1つの例は、2012年にすべての業務を英語で行うという柳井正の決定です。これは日本では珍しいと考えられています。これはそのグローバルな成功に貢献しており、他の意欲的なグローバル企業が学ぶことができるものです。さらに、ユニクロの従業員は常に社内プロセスの改善、ひいては顧客体験の改善に努めています。ユニクロは、競合他社のザラとH&Mが同じことを観察した後、2004年に大阪に初の大型店(2,000平方メートル以上)をオープンし、顧客満足度と収益性の向上につながりました。ユニクロカスタマーセンターでは、お客様からのフィードバックをもとに製品を常に改善しています。

イノベーションへの高い献身: Peter Druckerが述べたように、イノベーションとマーケティングは、どの組織でも2つの機能だけです。ユニクロはこれをよく理解しています。ブランドはそのファブリックの革新でよく知られています。同社はまた、「匠」と呼ばれる日本のテキスタイルマスターを採用しており、中国と日本の工場と緊密に協力して、ユニクロの新しいハイテクファブリックを継続的に開発しています。

ユニクロの代表的なイノベーションの1つは、東レ(日本の化学会社)と共同で開発したHeatTechです。これは、湿気を熱に変え、その熱を保持するために生地にエアポケットを備えています。 HeatTechの生地は薄くて快適なため、ブランドは標準的な伝統的な暖かさの衣類セグメントとは大きく異なるスタイリッシュなデザインを作成できます。 HeatTechのイノベーションは、新しい繊維技術によって時間の経過とともに向上し続け、ブランドがさまざまなサーマルウェアのコレクションを考案できるようにしています。 2003年には150万個のHeatTech製品が販売され、2012年には250個のアイテムで1億3000万個以上が販売されました。

ユニクロは、ヒートテックの他に、AIRism(速乾性のインナー生地を使用した柔らかい生地)、LifeWear(カジュアルウェアとスポーツウェアのブレンド)、UV Cut(紫外線の90%が着用者に届かないように設計された素材)も作成しました。テクノロジー。これらの新しいファブリックはすべてブランド化され、著作権で保護されているため、この差別化のポイントに一致させようとする競合他社にとっては苦労します。柳井正氏は、Appleは世界で最も革新的な企業になりたいという願望から、最大の競争相手であると述べていると言われています。

ユニクロブランドアーキテクチャ

ユニクロは、主に女性、男性、子供向けの3つの顧客セグメントにアパレルを提供しています。赤ちゃん。ブランドはスタイル別に分けられた5つのサブブランドに分かれていますが、同じユニクロストアの下にあり、ユニクロはそのコレクションを展示しています。

アウターウェア:ユニクロのアウターウェアは、さまざまなスタイルや素材のジャケットとコート、さまざまな気象条件や機会に合わせたパーカーとパーカー、そして非常に薄くて軽い有名なウルトラライトダウンジャケットで構成されています。 、快適ですが、優れた断熱性と暖かさを提供します。

トップス:このカテゴリには、機能的で快適なドレス、シャツ、しわになりにくいブラウス、Tシャツ、さまざまな素材で作られた女性用のUT(グラフィックTシャツ)が含まれます。セーターとカーディガンも含まれており、ほとんどのスタイルはブランドのシグネチャーUVカット素材またはその柔らかく豪華なコットンカシミアで作られています。男性の場合は、さまざまなフィットのフォーマルシャツとカジュアルシャツ、Tシャツ、UT、セーターとカーディガン、フランネルが含まれます。ポロTシャツのラインナップは、AIRismとDry Ex(シームレス構造の通気性に優れたメッシュ)の2種類の素材で作られています。

ボトムス:この女性向けカテゴリには、ライフスタイルのあらゆるニーズに対応するショーツとスカート、さまざまなカットのジーンズ、レギンス(マタニティレギンスを含む)、スマートパンツ、アンクルパンツ、カジュアルパンツが含まれます。とラウンジボトムス。男性用のボトムスには、スマートパンツ、ショーツ、ジーンズ、アンクルパンツ、カジュアルパンツ、ラウンジボトムス、そして最新のイノベーションであるKandoパンツがあります。これは、Airdotsポケットを備えた、軽量で伸縮性があり速乾性のある新しい素材です。個性を祝うというブランドの使命に沿って、ユニクロは一定額以上のパンツに無料の交換サービスを提供しています。

インナーユニクロは、快適さを重視したインナーをデザインしました。女性の場合、これにはブラ、ブラトップ、インナートップ、シェイプウェア、ショーツと下着、靴下とレッグウェア、HeatTech(レギュラー、エクストラウォーム、ウルトラウォーム)が含まれます。男性の場合、これにはインナートップ、トランクス、ボクサーブリーフとブリーフ、靴下とレッグウェア、HeatTechが含まれます。

ホームウェア&付属品:ユニクロのホームウェア&アクセサリーのカテゴリーには、ラウンジウェア(パジャマ、ラウンジパンツ、ドレープパンツ、ルームシューズ)、靴(スニーカー、フラット、ヒール)、ベルト、ベッドシート、手袋、帽子、帽子、スカーフ、サングラス、バッグ、タオル、毛布などのアクセサリーが含まれます。そしてその最新の追加であるAIRISMフェイスマスク。

ユニクロブランドコミュニケーション戦略

デジタル時代が急速に世界的な勢いを増し始めるまで、ユニクロは伝統的に広告の主要な手段としてマーケティングチラシやテレビコマーシャルに依存してきました。今日では、独自の店内環境、有名人のブランドアンバサダー(ユニクログローバルアンバサダーと呼ばれる)、デジタルマーケティング、デザイナーとのコラボレーション、ブランドキャンペーンなど、ブランドの位置付けと理想を伝えるためにさまざまな方法を使用しています。

店内環境:ユニクロの主なブランドコミュニケーション手段の1つは、店内環境です。広い通路、明るい照明、きちんと積み上げられた棚、美しく飾られたディスプレイを通して、快適で居心地の良いショッピング体験を生み出し、ユニクロはシンプルさと本質的な基本の理想を伝えています。ブランドは意図的に制作するデザインの数を制限していますが、これを補い、アパレルを床から天井まで積み重ねることで消費者の選択肢の欠如から気をそらし、選択と豊富さの幻想を生み出しています。

また、店内には多くのデジタルスクリーンがあり、生地やアパレルの実用的なメリットを説明しています。洋服がぎっしり詰まっていて、注文がなく、カスタマーサービスに特に重点を置いていない他のファストファッションの競合他社と比較して、ユニクロの店内体験は際立っており、ブランド哲学の効果的なコミュニケーションに大きく貢献しています。

ユニクログローバルアンバサダー:多くのグローバルブランドと同様に、ユニクロも有名人の推薦を使用しています。ブランドのイメージを広げ、大衆とつながるために。ユニクロにとって、ブランドアンバサダーに求められる最も重要な属性は、逆境を克服するための優れた回復力と強い性格です。ユニクロには現在、6人のグローバルアンバサダーがいます:

  • 日本の国際スノーボーダー平野歩夢
  • スイスのプロテニスチャンピオン、ロジャーフェデラー
  • 日本のグローバルテニスメダリスト、錦織圭
  • 日本の国際車いすテニスチャンピオン国枝慎吾
  • スコットランドの国際車いすテニスチャンピオンのゴードンリード
  • オーストラリアの世界クラスのプロゴルファー、アダムスコット

    ユニクログローバルアンバサダーのパートナーシップは通常5年間続き、アンバサダーにユニクロブランドとその衣料品を世界中に宣伝してもらい、将来の製品ラインで協力し、機能的なウェアを共同開発することを目的としています。

    デジタルマーケティング: 2007年にデジタルマーケティングキャンペーン「ユニクロ」の立ち上げに成功した最初のブランドの1つであるユニクロは、間違いなくこのブランドコミュニケーションチャネルを使用する先駆者の1人です。国際的にブランド認知度を高めるために設計されたバイラルマーケティングプロジェクトは、よく振り付けられたダンスとキャッチーなラウンジミュージックのスプライスされたクリップを備えた時計を特徴としていました。それは一年中実行されました–夏には、踊っている女の子はポロシャツを着ていました。冬には、カシミア。そして真夜中に彼らは眠りました。

    ウェブツールのユニクロは、ブログウィジェットを含むように設計されているため、時計をブログサイトに埋め込むことができます。 2008年1月までに、76か国から27,000を超えるウィジェットが流通し、キャンペーンに付随するウィジェットとWebサイトは209か国で6,800万回閲覧されました。ユニクロは、カンヌライオンズフェスティバルでのグランプリなど、数多くの主要な広告賞を受賞しました。ユニクロの広報およびグローバルマーケティングコミュニケーションのスポークスマンである長谷大輔氏は、このキャンペーンはすべて、世界中を旅する方法で顧客とコミュニケーションをとることであると説明しました。

    最近では、ブランドの2019年国際キャンペーン#UTPlayYourWorldもユニクロの足跡をたどり、短編動画の巨人TikTokと提携して、店内のモニターで上映される短編動画でユニクロUTシリーズの衣装を披露するよう顧客に呼びかけています。 。

    デザイナーとのコラボレーション:ユニクロは、各個人の独自のスタイルを強調するというブランドの約束に沿って、デザイナーと協力して独自のスタイルを作成します。このブランドコミュニケーションチャネルは、競合他社のH& Mによって間違いなく有名になりましたが、ユニクロは、デザイナーのアレキサンダーワンを起用して5ピースのドレスコレクションを作成した2008年以来、独自のデザイナーコラボレーション戦略を開始したことを証明しています。ユニクロは、グローバルデザイナーと連携することで、米国や欧州市場など、ブランド認知度の低い市場への迅速なアクセスも可能にしています。

    ユニクロが近年行っている注目すべきコラボレーションは次のとおりです。

    • ジルサンダーの「+J」:このコレクションは2009年にデビューし、5シーズン続きました。このコレクションには、フォーマルでスマートなウェアに合わせた高品質の基本が含まれています
    • Theoryの「TDown」:このコレクションは2012年秋冬に発表されました。ニューヨークのコンテンポラリーレーベルTheoryとUniqloのコラボレーションにより、カラーブロックされたニュートラルなダークカラーパレットと次のようなスタイルが自慢の作品です。バンフクラシックフグベストとビッグスカイクラシックフグジャケット
    • Undercoverの「uu」: 2011年に、このコレクションは、非常に手頃な価格で男性、女性、子供向けのラインを備えた家族向けのコレクションとして発売されました。アンダーカバーにとっては、アンダーカバーのアパレルを買う余裕のない消費者がデザイナーのデザインを所有できるようになったため、有益であることがわかりました。このコレクションは、子供服専用に2014年に復活しました
    • NIGOの「UT」:グラフィックTシャツデザイナーのNIGOは、2013年に自身のレーベルA BATHING APEを離れ、ユニクロのUTラインのクリエイティブディレクターになりました。 UTは、ファレルウィリアムス、メディコムトイ、アンディウォーホル、ディズニーランドなどの名前を含む、無限のコラボレーションTシャツコレクションで知られています。
    • ユニクロの「UniqloU」:ユニクロは、2016年からパリのデザイナーであるクリストフ・ルメールと提携し、ユニクロUラインの下で日常着できる柔軟で用途の広いアイテムをデザインし、ユニクロのパリR&Dセンターをリードしています。 2018年7月、クリストフ・ルメールはファーストリテイリングとの契約をさらに5年間延長したと報告されました。ユニクロはまた、パリを拠点とするレーベルの少数株式の取得を発表し、Lemaireとの関係を深めています。これにより、ユニクロはルメールのアパレルデザインの専門知識とクリエイティブな人材ネットワークを活用できるようになります
    • ユニクロ×マリメッコ: 2020年秋冬に発売されたユニクロは、鮮やかな色とプリントで知られるフィンランドのファッション企業マリメッコと提携しています。限定版のホリデーコレクションは、家族や友人と一緒に家にいることの暖かさと居心地のよさを呼び起こします

      グローバルブランドキャンペーン:ユニクロのブランドが国際化してからしばらく経ちますが、ユニクロが「The Science of LifeWear」というタイトルの最初のグローバルブランドキャンペーンを開始したのは2016年のことでした(ユニクロは以前にローカルおよび地域のキャンペーンを開始しましたが、真にグローバル)。ブランドとそのコレクション(ジーンズ、ジョガーパンツ、ウルトラライトダウン、ニットウェア、ヒートテック)を紹介する一連のビデオでは、日本のストリートケープがスローモーションでくつろぎ、人々はシンプルでシックな服を着てストリートを歩きます。ナレーターは質問から始めます。「なぜ私たちは服を着るのですか?気分や天気に合わせて選びますか?ぴったり合う服装をしていますか?はまりたいですか?」最後に「答えは1つではありません。しかし、一生の服を作るために、私たちは尋ね続けます。」

      ブランドを紹介するこの珍しい哲学的な方法はエッジの効いたものであり、ライフウェアを通じて品質、機能性、スタイルへのユニクロの執拗な取り組みを固めるのに役立ちます。ユニクロのグローバルクリエイティブプレジデントであるジョンC.ジェイ氏は、このキャンペーンは、ブランドの使命と、競合他社との差別化を図る日本の伝統を紹介し、ブランドイメージを国際的に調和させる機会であると述べています。これは、ユニクロが真にグローバルでインスピレーションを与えるアパレルブランドになるという継続的な使命における重要な次のステップを表しています。

      今後、ブランドは顧客とのより緊密な双方向コミュニケーションを促進したいと考えています。ユニクロは、ウェブサイトやモバイルアプリを通じて収集した情報を利用して、お客様のデータを分析し、お客様の個々のニーズに最適な情報を提供することをお約束します。さらに、ユニクロは、今後の広告およびコミュニケーション戦略において、ソーシャルメディアとデジタルプラットフォームを採用、吸収、活用する必要があります。

      ユニクロのグローバルな持続可能性アプローチ

      持続可能性は過去10年間ビジネスでホットなトピックであり、今では世界中の顧客の支持を得てその忠誠心を勝ち取りたい企業にとって、すぐになくてはならない衛生要因になりつつあります。

      柳井正の23の経営原則の1つは、社会に貢献することです。ブランドは、企業の価値は本質的に社会全体にもたらす価値に関連しており、成功する企業は社会に奉仕しなければならないと強く信じています。利益だけに焦点を当てている企業は生き残れないと信じています。その企業声明「着替え。従来の知識を変える。世界を変える。”社会を変革し、すべての利害関係者の環境と生活を向上させたいという会社の願望を反映しています。

      ファーストリテイリングの持続可能性のアプローチと取り組みは、6つの柱で構成されています。

      • 製品とサービスを通じて新しい価値を創造する:動物福祉、環境、綿花農家に配慮して責任を持って原材料を調達することにより、ファーストリテイリングは、長く着用
      • サプライチェーンにおける人権の尊重:ファーストリテイリングはサプライヤーの工場と強力なパートナーシップを築き、サプライチェーンの人権と労働条件を保護するために生産パートナーの行動規範を遵守することを求めています。 。その責任ある調達方針では、パートナー工場での過度の残業につながる生産量の突然の増加を回避するために、手順に従って生産注文を行うことも求められています。
      • 環境の尊重:利害関係者のコラボレーションと技術革新を通じて、ファーストリテイリングは事業とサプライチェーンの無駄をなくすことに取り組んでいます。 2020年までに、ユニクロの店舗での水の使用量を15%削減し、温室効果ガスの排出量を10%削減することを約束しています。
      • コミュニティの強化:ファーストリテイリングは、店舗を運営するコミュニティ、パートナー工場を取り巻くコミュニティ、難民や避難民に避難所を提供するコミュニティの3つの方法でコミュニティをサポートしています。 2018年度は、全製品リサイクルイニシアチブを通じて、65の国と地域に3,029万点のアイテムが寄付されました。
      • 従業員のフルフィルメントのサポート:ファーストリテイリングは、機会均等と多様性という3つの柱を持つ従業員エンゲージメントポリシーを確立しました。教育と開発;健康的で安全、そして安全な職場。日本のユニクロのほぼすべての店舗で、少なくとも1人の障害者を雇用しており、2018年に管理職の30%を女性で満たすという目標を達成した後、従業員の性別比率を均等にすることを目標としています。
      • コーポレートガバナンス:ファーストリテイリングは、取締役会の独立性を高めるためのコーポレートガバナンスモデルを含む行動規範に基づく効果的なコーポレートガバナンスシステムと、タイムリーな意思決定と運用を可能にする
      • これらの6つの柱は、さまざまなイニシアチブを通じて社会に還元するというユニクロの取り組みを示しています。

        ユニクロの将来のブランドとビジネスの課題

        これまでのところ大きな成功を収めているにもかかわらず、ユニクロは独自のグローバルなビジネス上の課題に直面しています。上記のように、このブランドは、 Zara 、H& M、Gapなどのファストファッションの競合他社とは非常に異なる戦略を採用しています。ユニクロが世界一のアパレル小売業者になるために念頭に置く必要のある戦略的なビジネス上の考慮事項は何ですか?

        イノベーションによる差別化:ユニクロにとってすべてが単純な航海ではありませんでした。その最大のジレンマは、ブランド戦略の間違いとして知られている「すべての人のためのすべて」を目指しているため、おそらくブランドの差別化です。しかし、ユニクロはファブリックの革新性を強調することで、製品の遍在性から焦点を外すことができました。ユニクロは、その革新的な生地ですでに業界で名を馳せていますが、それ自体を最大の競争相手として扱い、自らを凌駕する方法を絶えず考える必要があります。したがって、イノベーションはユニクロブランドの将来に大きく影響する重要な要素です。

        価格よりも品質に重点を置く:ユニクロが戦略的優位性と差別化を効果的に競争し維持するためには、焦点を価格から品質に移す必要があります。ユニクロは、新たな市場での立ち上げ時に店舗の外に蛇行する行列ができることからも明らかなように、高いレベルの魅力を享受していますが、ユニクロは、アパレルの品質に関する強力なブランドポジショニングの構築に投資を開始し、これを積極的に伝える必要があります。 。

        デジタルの活用:ファーストリテイリングは、アパレル小売業界を新しいデジタル消費者小売業界に変革することを目的とした有明プロジェクトを進めていることを発表しました。高度な情報技術を使用して、ファーストリテイリングとそのパートナーである世界中の工場、倉庫、店舗との間にシームレスなリンクを作成するサプライチェーンを構築しています。これは称賛に値するデジタルサプライチェーンの取り組みであり、社内でデジタルを活用する方法について会社がどのように包括的に考えたかを反映していますが、顧客の焦点を覚えておくことも重要です。今日、あらゆる年齢の人々がインターネットを使用しており、これが消費者の買い物方法を変えています。

        ユニクロは、2012年に米国でオンラインストアを立ち上げ、eコマースに参入しました。それ以来、東南アジア全域でオンラインストアを立ち上げています。ユニクロは、実店舗と仮想店舗を統合し、真のオムニチャネル体験を生み出す必要があることを理解しています。現在、ユニクロの全世界売上高の9.9%をオンライン売上高が占めており、オンラインサービスをさらに開始することで、これを30%に拡大することを目指しています。

        さまざまな形式の市場分析は、モバイルコマースへの支出が今後3年間でeコマースを追い抜くというシナリオを強く示しています。中国のファストファッションアパレル市場はその証拠です。平均して、ほとんどのブランドはモバイルデバイスを介してWebサイトトラフィックの約15〜20%を取得しており、これは急速に成長しています。ユニクロは、2014年にアジアの地域商業ハブであるシンガポールで最初のモバイルアプリをリリースしたことで、テクノロジートレンドの最前線にいることが証明されました。クリーンで有益でユーザーフレンドリーなインターフェースを備えたこのブランドは、消費者が外出先で製品を購入できるようにする上で優れた成果を上げています。ただし、購入後の経験については、いくつかの不利なレビューがありました。ユニクロは、モバイルショッピングを楽な体験だけでなく楽しい体験にするために、購入前から購入後までのオンラインカスタマージャーニー全体を考慮する必要があります。さらに、ブランドは、デジタル消費者のパターンを分析し、デジタルチャネルでの売上を向上させるための戦略を考案するために、小売分析を収集する必要があります。

        次世代の所有権:過去10年間に発生した激しい多面的な技術的およびビジネス上の混乱により、リーダーシップ21世紀のは、絶え間ない変化、地政学的な変動、経済的および政治的な不確実性の影響を受けます。柳井正はかつて60歳までに日常業務を辞めると思っていたが、70歳になっても同社の最高経営責任者を務めている。上記のリーダーシップの混乱を効果的に管理するために、ユニクロは後継者計画を迅速に考案し、次世代リーダーシップチーム

        ユニクロのグローバルな展開と製品の標準化にもかかわらず、ユニクロは、世界中の消費者の地元のファッションニーズと好みに応えるための新しい方法を常に見つける必要があります。これは、今後10年間のブランドのリーダーシップにとっての課題となるでしょう。

        グローバル競争:ユニクロは、スペインの ZARA (売上高337億米ドル)とスペインのH& M(売上高243億米ドル)。それにもかかわらず、近年のユニクロの急成長は、ベーシックウェアで長い間支配的であったアメリカのギャップ(売上高164億米ドル)を追い抜いてきました。将来的には、ユニクロが世界最大のファストファッション小売業者になるという野心的な目標を達成するためにやらなければならないことがたくさんありますが、ファッション小売業界のグローバルプレーヤーに挑戦することは間違いなく順調です。

        国際的な拡大:ブランドがその国や地域で人気を博し始めたら、次の自然なステップはグローバルな拡大を目指すことです。これはユニクロにとって特にそうですが、ブランドはかなりの課題に直面しています。これまで、アジア以外ではブランドのフットプリントと認知度は比較的低く、同社はグローバルな小売店の拡大プログラム、広告、マーケティングを通じて取り組んでいます。その製品では、グローバルな顧客グループ間の顕著な違いが見過ごされており、欧米の消費者はしばしばその服のサイズと体型にフィットすることについて不満を持っています。これに取り組むために、ユニクロはクリストフ・ルメールのような西洋のデザイナーとのパートナーシップを開始し、ユニクロUラインのようなコレクションを立ち上げました。

        非有機的成長に関しては、ブランドは買収交渉の独自のシェアを持っています。 2012年、米国市場に参入するための最初のステップとして、ファーストリテイリングはカリフォルニアを拠点とするデニム会社であるJブランドに2億9000万米ドルを支払いました。 2004年には、手頃な価格の高級ブランドであるTheoryを購入し、急速に10億ドル規模のビジネスに発展しています。

        最近、ユニクロは2014年にJクルーグループとの合併を望んでいましたが、500万米ドルという高額な価格のため、最終的には取引から撤退しました。有名なエグゼクティブミッキードレクラーが経営するJ.クルーは、女性用、男性用、子供用のアパレル、靴、アクセサリーのマルチチャネル小売業者および販売業者であり、米国の小売インフラストラクチャに関する深い専門知識を持っています。米国の400店舗へのアクセス。今後、ユニクロは、各市場に合わせた明確で達成可能な計画を掲げ、国際的な拡大戦略に注力する必要があります。

        長年にわたるマージンの低下とJブランドのプレミアムデニム衣料の減損により利益が減少していることから、ユニクロが収益性を維持するためには国際的な事業がますます重要になっています。特に米国と中国の市場をターゲットにすることを検討しています。現在、ユニクロはアメリカに数店舗しかありませんが、大胆でクリアなカラーデザインの美学とお得なカシミヤ製品により、ブランドの人気は着実に高まっています。

        結論:グローバルなアジアブランドになるためのユニクロの滑走路は巨大です

        ユニクロブランドは、日本のシンプルさと本質の哲学に基づいて設立されました。これは、ブランドのマーケティング、コミュニケーション、運営全体に反映されています。ユニクロが、東京から受け継いだ単一のメンズテーラリングショップから、世界的なカジュアルウェアの巨人であり、今日の日本とアジアで最も印象的なブランドの1つに変身したことは確かに印象的です。柳井正の効果的かつ先見性のあるリーダーシップの下、ユニクロの親会社であるファーストリテイリングは、世界最大のファストファッション小売業者になることを目標としています。

        ユニクロの成功の秘訣の1つは、明確なブランドの約束をサポートする強力な配信システムと、革新への絶え間ない取り組みです。高品質、パフォーマンス向上、ユニバーサル、ベーシックなカジュアルウェアを手頃な価格で提供するというブランドの約束を明確に定義し、堅牢で効率的なサプライチェーンを実行してアパレルを生産することにより、ブランドは常に顧客の期待を超える環境を作り出しました。

        関連性があり、顧客ベースに共鳴するブランドを構築して維持することは、今日の強力なブランドを構築する上で最も難しい側面の1つです。多様な市場に存在するユニクロは、関連性のある共鳴するブランドの個性を構築するというこの課題にうまく耐えることができました。

        ユニクロが世界最大のアパレル小売業者になるという目標を達成するために活用できる機会は確かにたくさんあります。特に、ユニクロの国際的な成長とオンライン販売の拡大に注力していく予定です。ユニクロの印象的な企業文化、大胆で大胆なリーダーシップ、そして過去15年間で一貫した経済的成長が証明されたことで、日本のファストファッション小売ブランドが世界的な成功への正しい道を歩んでいることは間違いありません。

        LinkedInでMartinRollをフォロー>>

        インサイトリンク

        作成者について: Martin Roll – Business&ブランドストラテジスト

        無印良品について読む: 無印良品–日本の無印良品ブランドの背後にあるグローバル戦略

        ZARAについて読む: Zaraの成功の秘訣:顧客の共創の文化

        Forever 21について読む: Forever 21 –エッジのあるファストファッション小売ブランド

        Charles&について読むキース: チャールズ&キース–真に成功したアジアのグローバルファストファッション小売ブランド

        続きを読む: 洞察と洞察記事

        トピックに関連する詳細情報を参照してください ユニクロ理論印象的なパンツ

        【UNIQLO×Theory】やっぱり感動パンツは神でして【万能・快適】

        alt

        • 作成者: Takahiro Kawashima
        • 投稿日: 2022-04-29
        • レート: 4 ⭐ ( 9951 評価 )
        • 検索結果を一致させる: 今年もお世話になります。

          ・UNIQLO×Theory
          https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/collaboration/theory/22ss/men/

          ■かわしまたかひろの全く編集しないサブチャンネル
          https://www.youtube.com/channel/UCcG0VDISde87z6ASW3VMwOg

          ■instagram
          https://instagram.com/takahiro__kawashima
          ■Twitter
          https://twitter.com/t_kawashima_

          -動画内やコーデで着てた物とか-
          (身長・体重 175cm 63kg)

          ※上記のリンクはAmazonアソシエイトを含みます。
          [お仕事等のお問い合わせ先はこちら]
          takahiro.kawashima.ch@gmail.com

        ユニクロU「スウェットギャザーパンツ」レビュー!これ一本で大人顔なファッションに。メンズもOK。

        • 作成者: hizasi.com
        • レート: 4 ⭐ ( 6946 評価 )
        • 検索結果を一致させる:

        UNIQLO × Theory 2022年春夏コレクション

        • 作成者: www.uniqlo.com
        • レート: 4 ⭐ ( 1522 評価 )
        • 検索結果を一致させる: ユニクロと、ニューヨーク生まれのコンテンポラリーファッションブランド「Theory(セオリー)」とのコラボレーション「UNIQLO × Theory」。UNIQLO × Theory 2022年春夏コレクション。

        大人気だったユニクロ「感動パンツ」の新作がスゴい!この快適さは衝撃的です…!

        • 作成者: www.buzzfeed.com
        • レート: 4 ⭐ ( 2557 評価 )
        • 検索結果を一致させる: 速乾、伸縮、軽量で抜群の着心地が人気のユニクロ「感動パンツ」。Theoryとのコラボアイテムは、快適な穿き心地はそのまま、クリーンな見た目を実現した注目商品です。

        ユニクロ感動パンツのコーデはMB理論で抜群におしゃれに見せることができる!

        • 作成者: man-labo.com
        • レート: 5 ⭐ ( 9910 評価 )
        • 検索結果を一致させる: ユニクロの感動パンツは、 MB理論(ドレス:カジュアル=7:3にするとおしゃれに見える理論)に照らしわせておしゃれに見せ

        ユニクロの感動パンツのおしゃれコーデまとめ!ビジネスでも着心地最高!

        • 作成者: kuraneo.jp
        • レート: 3 ⭐ ( 7972 評価 )
        • 検索結果を一致させる: ユニクロの感動パンツは伸縮性が良く家で洗濯ができてしわになりにくいパンツで重宝するアイテムです。そんなユニクロの感動パンツはきれいめなデザインでビジネスシーンでは勿論、カジュアルなコーデでも合わせることができます。ユニクロの感動パンツの魅力を紹介します。

        オフィスカジュアルのメンズ|ユニクロを使ったお手本スタイル【最新版】

        • 作成者: vogueword.click
        • レート: 3 ⭐ ( 7036 評価 )
        • 検索結果を一致させる: ユニクロを使ったオフィスカジュアルスタイルを知りたいですか?この記事では「オフィスカジュアルのメンズ|ユニクロを使ったお手本スタイル【最新版】」というテーマです。ぜひどうぞ!

        このカテゴリの記事をもっと見る: 映画

        Xem Thêm  noel(ノエル)|取り入れたくなる素敵が見つかる、女性のためのwebマガジン - 肌 に いい 食べ物 ランキング